STAP細胞から1年

STAP細胞が世に出て、ノーベル賞確実とマスコミが騒ぎ立ててからおよそ1年になります。結局STAP細胞は再現できず、なしという結論になり、研究の中心にいた小保方晴子さんは理研を辞め、辞めた後に、理研は懲戒解雇に相当するという報告を出しました。

 

STAP細胞は悪質な研究捏造だったのか、単なる実験上のミスだったのか、あるいは本当にその時だけSTAP細胞はできたのか、たぶんその答えを知っているのは小保方さんだけでしょう。

 

ある事象が「ある」という証明は簡単だそうです。その事象を再現すれば証明したことになります。ところが、ある事象が「ない」という証明はとても難しいそうです。「ない」ということを証明するには、「ある」という可能性を全て検証し、その全ての可能性を否定できて初めて「ない」といえるからです。

 

でも、全ての可能性を検証することは現実には無理です。なので、もしかしたらSTAP細胞はあの時小保方さんの実験においてのみできた可能性も、限りなくゼロに近いですが、ゼロとは言い切れないのです。